=横田ワールド=

【山からの便り】

記事投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
タイトル
本文
 
画像の数字を入力してください

記事一覧

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

H30/12/12econe様そうですか、この時期には冬眠する場所へ向かったのでは・・?。当地足尾の熊たちは12月中旬に冬眠に入る事が多いです(私の過去のデータによる)。実は昨夜足尾にも雪が降りましたので熊の動きがあると思い、今日学生(研究生)と昼近くに山へ向いました。
途中何時もの所で三郎カモシカを確認撮影し、冬眠場所へ向かい熊探し。残念だが今月1日の熊確認後はまだである。今日も残念ダメ・・シカもイノシシも現れなかった。日が暮れ寒さも厳しくなって来たので終わりにした。econeさん今年初めから熊の確認回数が(今年から熊による人身事故防止活動に重点を置いた為か・・?)少なく来年が少々心配です。今後共宜しく

  • No.521
  • 2018/12/12 19:29

  無題

投稿者名 : econe

今年は私の住む地域でも、夏まで熊クマと目撃情報が毎日のようにニュースになっていましたが
その後はぱたりと静かです。
移動しているのか、その他の条件なのか…
人の目に触れることなく、静かに安全に暮らしていて欲しいです。
そして、冬です。

関東、日光あたりも雪が降ったとか。
平地より山は冷えるかと思います。寒さ対応はしっかりとして山に入って下さいね。

  • No.520
  • 2018/12/12 12:29

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

H30/12/9今日も前日の場所で熊を待つ。寒さの中時間が過ぎても熊は現れず、既に冬眠してしまったか・・?チョット視線をかえて視ると昨日は鹿が現れたが今日はイノシシの親子が現れた。来年の干支でもあるので撮影し、熊を待つがダメ。日が傾き寒さも厳しくなって来たので諦め下山して終る。

  • No.519
  • 2018/12/10 06:03

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

H30/12/8午後より山に入る。以前撮影した冬眠穴の最も多い場所へ、到着して熊が動き出すのを待つ。時間が経ち鹿が数頭現れるが熊はまだ・・・鹿たちは熊の気配をいち早く気が付くので鹿たちの様子を視ながら熊を待つ。鹿たちは緊張していない・・時々突風が吹き日が陰り寒さも厳しく次回にと終わる。

  • No.518
  • 2018/12/09 08:00

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

econe様
心配下さって有難う。
撮影できなくて当たり前 撮影出来て有難い
気持ちの中で次郎と逢わなければ・・・事が有る。
此れが前に出てしまったかな・・・反省しています。
econeさんゴメンナサイ

  • No.517
  • 2018/12/04 15:26

  無題

投稿者名 : econe

そうでしたか。。残念!
でも、横田さんの方がもっと残念でしょう。
どこの山に居ても、元気に冬を越して欲しいです。

巷で4K、8Kと耳にしますが、画像がすごく綺麗なのでしょうね。私もその世界を体験してみたいものです。

  • No.516
  • 2018/12/04 12:40

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

H30/12/4今日早朝12/1の書き込みの中で次郎熊に付いて。
4Kで撮影した映像を観て残念だが次郎熊ではなかった。4K動画をアップにして観た結果です、お詫びします。また撮影した熊の4K動画を今回初めてモニターで観ました。大画面ではHDと4Kを比べて観ると画面が大きいほど差が出る事を実感しました。8Kでは・・・見て観たいです。

  • No.515
  • 2018/12/04 09:21

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

econe様久し振りです。仔熊が襲われた母熊次郎が戻って来ました。今までどうり必ず戻ると思っていました、毎年12月15日前後に冬眠に入る熊が多いです(撮影データーより)。冬眠前10日前後冬眠穴の周り及び出入りを繰り返します(穴に小枝や枯草を運び入れる また糞尿等排出したり)。来春次郎は仔熊を連れて穴から出て来る事を楽しみにしています。書き込みありがと御座います。宜しく

  • No.514
  • 2018/12/03 16:02

  無題

投稿者名 : econe

次郎、現れましたね!
これから冬眠でしょうか。
いろいろ移動していても、冬眠はやはりこの場所なのですね。

今年は暖冬気味という噂ですが、北東北も今だに積雪が全くありません。
とは言っても、寒さは厳しくなってきましたので
風邪などには気を付けて!

  • No.513
  • 2018/12/03 12:37

  ツキノワグマ

投稿者名 : 熊仙人

H30/12/2寝坊してしまい昼近くに山へ。当然昨日の場所へ 現場に着き撮影準備をして次郎を探すが見付からない。藪の中で寝込んで居るだろーと思いながら 双眼鏡を片手に昼飯を食べながら視回す。時間が経ちイップクしている時、目の前に飛翔の影が・・大型の猛禽ペァー姿を現した静止画を撮影(動画では近距離なので追えない)。日が傾く頃突風が吹く中次郎を探すが視えない、昨日の次郎の行動を振り返ると熊穴を覗きこんだ。冬眠穴を探しているのだ、必ず近辺に居る事を信じ日が落ちるまで待ったが・・(穴に入ったか?)視えず次回期待して終わる。

  • No.512
  • 2018/12/03 07:55

ナビゲーション